-

自動車重量税、別称重量税とは、国内メーカーの自動車や外車等自動車の生産している国やハッチバック、クーペ等車体も全て同じで例えば、スズキや等でも納付が必要な税のことをいいます。新車登録をする際あるいは定期的にある車検の際に納付する税になります。この額は対象となるクルマの車重毎に定められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全然違う税金なのでしっかり理解して一緒にしないようにしましょう。「自動車重量税というものはウエートにより」「自動車税はクルマの排気量により」その金額が違います。また売却時の対応も違いますので注意が必要です。自動車の買い取りの時には支払った自動車の税金がいくらあっても、その額が返還されるということはないのです。一方自動車税の場合は既に支払った残存税額を査定額に乗せてくれることがありますが重量税に関しては足されることはなかなかないはずです。重量税は、車の処分時に既に納めた金額があると言っても自動車の買い取り店でそのことが考慮されることはほとんどないのです。そのため次の支払い、分かりやすく言えば車検まで売却を保留し売るのがベストです。自動車の売却時は戻ってこない重量税でもあるケースでしたら返還されることもあります。これにあたるのは、次の車検までの期間が残ったままの廃車にしてしまう場合です。要は、廃車登録をすれば残っている期間に応じて金額が返ってきます。ただ、車買取の時はその中古車が廃車されるのとは異なり戻ってきません。それに車の名義を変更してしまったケースや盗難された場合も返還してもらうことは不可能です。重量税の残っている期間があるクルマを買い取るということは、つまり車検期間が残っているクルマということと同じです。そういったことを店側も忖度しますので、自動車重量税の残存期間があれば、そこそこ買取額があがると思います。当然買取金額は店次第で異なりますが車検期間が残っていることを考慮していただければ愛車の買取額からみるとそれほど割に合わないということもありません。

リンク